マザース三日坊主

撮りフェスin室蘭2017 現場レポート

みなさんこんにちは。入社4年目の勝浦です。

先日のブログでご紹介しました、
「撮りフェスin室蘭2017」に昨年に引き続きスタッフとして参加してきました。
24時間という制限時間内の中で 場所、時間、天気が同じ条件の元、
みんなで写真を楽しく撮りまくりましょうというイベントです。

イベントの様子と裏側をみっちりぎっしり(かなり長文で)レポートします。

 
◇ イベント開催2日前
準備のため一足早く北海道へ旅立ちます。
新千歳からバスに乗り込み、2人席を贅沢に使って車窓からの景色を眺めつつ、
お菓子を食べたり音楽聞いたり、軽い旅行気分で揺られること2時間と少し、
懐かしの会議室で懐かしのメンバーと1年ぶりの再会。

↓部屋ではミニドローンが飛ぶなど既に楽しい。
001
↓あっ! (室蘭ではちょっと有名な◯島Pが)
002

室蘭初日の夜はプチお久しぶり会などもあり、穏やかに楽しく過ぎていきました。

 
◇ イベント開催1日前
気分は完全に浮かれていたのか、6:30に目が覚めてしまったので
散歩に行こうと うきうき気分で準備をしていると、
突然けたたましい音が鳴り響きます。

びっくりして液晶を覗くと
まじかー うわまじかー
【北朝鮮がミサイル発射】

Jアラートでした、、

通り過ぎるだろう、きっと通り過ぎるだけなんだろう!!
と思いつつも、、とりあえず窓から一番遠いドア付近で体育座りをして
テレビと睨めっこ(でも部屋の構造上テレビの背面しか見えない。。。)

少しだけ今までの人生を振り返ってみたりしていたら、、太平洋に落下とのこと
良か無いけどひとまず生きながらえました。

何事もなかったかの様に澄ました雰囲気の朝の室蘭、
よく晴れて爽やかというかパキッとした雰囲気です。

003
004
005

この日は夕方過ぎてから続々と東京組が合流し、みんなで当日の流れの最終確認。
受付は〜
バスツアーは〜
プレミアムスポットの抽選は〜
開会式の挨拶は~

高校の文化祭みたいに、この話し合いの時間でみんながチーム一丸になる行程があり、、大人になってからもこんな体験あるんだなと段々とやる気が満ち溢れます。

やる気満ち溢れた結果、夜中の3時にパソコン作業している人たちの横で
006

キックの練習を始める人が数名
007

◇そんなこんな経て、イベント開催当日
現地のボランティアスタッフの方も加わり、
お客さんが続々とやってくるのを ほー、と見ていると
「あ、あの人去年もいた人だ!」とか、
「今年は家族で参加してくれている!」とか。
参加者同士も「きゃー久しぶりー!」みたいなやり取りをしている人達がいたりして、思わずニヤけ顏に、、 ^p^

川島実行委員長の開会宣言を聞き(去年よりもスムーズで皆安心して聞ける)
008

今年は豪華なスペシャルゲストもおり、よりイベント感が強まります。
浅田政志さんと、集合写真を撮る様子。
009
010

ここからは24時間、皆それぞれ好きな時間に好きな場所で写真を撮るのみです!
わーと散らばっていく参加者を見送りながら
どんな写真が来るかなと心待ちに、スタッフはまだまだ溜まっている仕事にとりかかります。

 
夜8時頃を過ぎてから日付けが変わる頃まで、作品提出に現れる方たちがちらほら。
楽しいのでこの場に残りたい気持ちと、目を開けてられない身体との闘いが始まり、
結局みんな眠気には勝てず交代で休憩することになりました。

 
・・・・・ イベント2日目 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇室蘭の朝焼け
朝4時に本部に戻ってきて、少しするとちょうど外が明るみ始めている。。
ひょいと外に出てみると、

わぁー!めっちゃ朝焼け!!

去年は曇っていて見れなかった朝焼けに1人大興奮。
運営本部の向かいにある階段を思わず駆け上がり、赤く染まる室蘭が見れました。

室蘭観光協会 向かいから
011
012

こんなきれいな朝焼けを、都会で生活していると見る機会がないのですごく得した気分になり、
誰かに教えてあげたい、けど周り誰もいない。
朝早すぎて友達にメールするのも迷惑だしなぁと悶々としていたら、
提出作品に朝焼けを撮影した写真がたくさんあって、みんなちゃんと見れたんだ!
と嬉しくなり1人で勝手にまたニヤけ顔に ^p^

↓室蘭の朝焼けスポット (スタッフ撮影)
地球岬で朝焼けを狙う参加者
013
イタンキ浜の朝焼け
014

 
・・・・・ 2日目の昼過ぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
撮影を終えた参加者が続々と本部に戻ってきます。
作品提出は1人3枚まで!
昨日今日で沢山撮った写真の中から3枚だけを選ぶのは骨のいる作業で、
セレクトコーナーでみんな真剣に悩んでいる様子。
人によっては30分も1時間も迷っているほど。

そんな珠玉の3枚を受付まで持ってきて貰うのですが
同じ条件の中撮影しているのに、やっぱりその人の色みたいな物が写真に現れるので
つい、その人と作品を見比べてしまったり。
ちょっと強面のおじさんがすごくきれいな風景写真を提出している所を見ると少しほっこりしたり。

提出が終わると皆さん安堵と疲れとやりきった感がこぼれ出ていて
去っていく背中をお疲れ様でしたという念を込めながら見送ります。

 
◇講評会
昨日の夜は全然人のいなかった本部が、講評会を聞く人の頭で埋め尽くされぎゅうぎゅうに。
第1部 浅田政志さん 講評会
第2部 ケント白石さん&井上治輝さん 講評会

なんて素敵な講師陣なんだー。
壇上からというか文字の並びを見るだけで若干後光が射して見えます。

いいなーいいなーと、ものすっごい後ろ髪を引かれながら
仕事だぞ、お前は仕事しに来たんだぞと言い聞かせ、、
バックグラウンドで稼働しているプリント作業に加わる
たまに会場から聞こえる笑い声や、おーという歓声が楽しそうでした。
015
016

 
◇去年に引き続き、立派なプリンターが7台も並びプリント工場と化した会議室。
まさに“しっちゃかめっちゃか”
プリントした作品の裏に間違えのない様エントリーNO.と作品番号を記入し、
掲出のため1番から順に揃えていきます。
大変だけど、これをやらなくては撮りフェスを終えられないという佳境感。
一緒に頑張ったメンバーが集結しているから余計に何とも言えぬ一体感が部屋に立ちこめている、、。

東京に戻り計算すると、今年集まった作品は全部で750点以上!
フィルムでの提出期限を1週間設けたこともあり、フィルムでの提出作品も多数。
私も普段フィルムで写真を撮っているので、やっぱり他の人が撮ったフィルムの作品には思わずまじまじと見入ってしまいました。

 
◇無事イベントが終了した日の夜
また来年もやろうねーとみんな眠くて半分意識の無い中約束して
肩組み合って、歌は歌ってないけど集合写真も撮って
外は何だか雨が強くなってるけど、
イベントと被らなくて良かったねーお休みーとバイバイして

 
◇次の日(室蘭最終日)
ババババババあんっ!!!!!と 窓をたたく雨風。
台風直撃。お昼までの空の便は全て欠航。
ニュースでよく見る映像みたいな雨でした。
ひとまず、私たちの帰りの便は夜なので展示会場にて作品を貼る作業をしつつ天候の回復を待ちます。
結果昼過ぎには台風も過ぎ去って、むしろ天気いいねーとなったのですが。

みんなが会場設営してる間、実は民家の屋根が飛んでいったり何世帯かで停電が起こったりしててバタバタで大変だったんだよー。とあとから笑いながら教えてもらい
最後の最後まで盛りだくさんなイベントでした。

 
室蘭での展示も終わり、いよいよ東京での審査会が行われます。
審査員も去年に引き続きとても素敵な方々ばかりで、
同じ会場にいる事に緊張とワクワクで胸がいっぱいです。

イベントを通して、全体的に私はただただ楽しい!きれい!という気持ちで過ごしているのですが、今年のイベント参加者の多くが、去年のイベントにも参加していたリピーターであった事が、みんな楽しんでくれていたのだなぁと。やっぱりとても嬉しいですよね。
そしてスタッフも、写真が好きで、提出された作品を大切にしていて、かつイベントを楽しんでいる気持ちが素直に伝わってくる。という、中々仕事をする上でそんな気持ちには出会えないので本当に貴重なイベントです!

気合い入れて書いたらかなり長くなってしまいましたが、
また来年も室蘭行きたいなー。というアピールで締めさせて頂けます。
それでは、またー!