マザース三日坊主

希望ヶ丘について

あっというまに3月になってしまいましたが、
まだまだ寒いですね!はやくあったかくなってほしいです!
そういえばうちの実家では、今年久しぶりに雪がたくさん積もったそうです。
その様子が両親から送られてきました。
それがこちら。

-2
我が家の前の道路。
-3
我が家の庭の木。

雪国にお住まいの方からしたら、
こんな大した雪じゃないくせにはしゃいじゃって〜
と思われるかもしれませんが、
ここは雪国ではありません。
なんとここは、大阪なんです。

今回は私の育った町、大阪は希望ヶ丘についてお話したいと思います。
希望ヶ丘に住んでいると言ったら聞かれる質問トップ3〜!
(希望ヶ丘は、大阪に住んでいる人からですら95パー認知されていません)

 
Q1,希望ヶ丘ってどこやねん

A,大阪の最北端にあります。
大阪と兵庫と京都の県境らへんです。
「箕面の山を越えたもっと先」と言ってあげるのが一番親切です。
山のてっぺんに位置し、冬なんかは非常に寒いです。
(多分大阪市内と5度以上ちがう)
wikipediaには「大阪の北海道」「大阪のシベリア」とかなんとか書かれています。
山のてっぺんなので、もちろんど田舎です。
ただ、ど田舎といっても田舎に泊まろうに出てくるような
いい感じの田舎ではありません。
山のてっぺんに不自然にニュータウンがボコッとあるかんじです。
ちょうど私が産まれた年らへんに、
「山と自然に囲まれてめっちゃいいとこやし、
有料道路とかモノレールとかもあとで作るから便利なるし、
住んだらええんちゃう?」
みたいなノリで作られたくせに、結局どれもなかなか実行されず、
バブル期の負の遺産へと成り果ててしまいました。
最近やっとトンネルとか道路とか作り始めたみたいですが、
時すでに遅し感が否めません。
ちなみに希望ヶ丘は、Googleのストリートビューが通っていません。
そしてピザ屋のチラシが配達されません。

 
Q2,最寄り駅はどこやねん

A,ありません。強いて言うならば地下鉄御堂筋線の千里中央か、
阪急宝塚線の池田駅かのどちらかです。
バスで片道45〜60分、600〜700円くらいかかります。
ちなみに高校時代にはバスと電車を利用して、1時間半かけて通っていました。
そしてバスの定期には年間15万円かかりました。
(母には、「定期落としたら学校やめろ」と言われていた。)
私だけ特別遠いところに通っていた訳ではありませんからね。
どこに行くにしてもとりあえず山を下る必要があったのです。
初めて我が家に遊びにくる下界の友人たちが​希望ヶ丘​に到着するまでの道中、
「​ホンマ​にこんなとこに人が住んでんの?」
とハラハラしていたのはいい思い出です。
そして、田舎あるある。バスが1時間に1〜2本しかない。
ので、朝の通学時なんかには人が集中するわけです。
座れないときは、1時間ほどくねくねした山道を立ちっぱ状態だったので、
高校3年間で、何に乗っても酔わない体質へと鍛え上げられました。
ちなみに交通の便が​悪い​ことから、
wikipediaには「絶望ヶ丘」と書かれています。うまい。

 
Q3,なにがあるん?

A,なんにもありません。いや、なんにもは​言い過ぎ​ました。
家とCOOPと幼稚園があります。それくらいです。ほんとに。
コンビニも本屋も病院もありません。
あとさっきも言いましたが、いい感じの田舎でもないので、
いい感じの自然を満喫しよう、みたいなのもとくにありません。
バブル期の負の遺産である住宅街しかありません。
小中学校は希望ヶ丘の外にあったので、徒歩30分かけて通っていました。
それより先に行けばいい感じの自然だらけですが、
車がないともはやどこにも行けません。
クマとかイノシシとかも出ますしね。まるで要塞ですね。

 
とまあ​いろいろ​言いましたが、​なんやかんや​私は希望ヶ丘が大好きです。
大都会で働く今となっては、なにもない希望ヶ丘の魅力に気づくばかりです。
まったくオススメはしませんが。