マザース三日坊主

冬の散歩

日本海側や四国では大雪が降っていた12月6日皇居の紅葉を見るために
8万人の行列が出来たとニュースで言っていました。
7日の朝、カーテンを開けるととても良く晴れていたのでちょっと外に出てみたら、
少し寒いせいか空気が澄んでいるように感じます。
青い空に誘われ、そのまま朝食もとらずに散歩に出かけました。
皇居だけじゃなくこの辺りは今が紅葉の真っ盛りなのでした。
思いつきでふらっと出てきてしまったので携帯のカメラですが写真を。
上ばかり見上げる散歩になりました。

鳥羽1

街路樹も、庭の木々も、土手のすすきもみんな色づいています。

鳥羽2

鳥羽3

三田から高輪、白金と2時間余り歩いて、
カフェのテラスで膝掛けかけて遅い朝食をとって帰りました。
木枯らしが吹くまでの色鮮やかな短い季節。
師走という言葉に惑わされて忙しい気持ちになっていたこの頃。
空を見上げて、大きく呼吸をして、軽く体を動かし…、ちょっといい日になりました。

クリスマス限定!

こんにちは、演出の宇田川です。

12月に入りすっかりクリスマスの季節になりましたね。
マザースのホームページも、トップの動画をクリスマス色に飾りました。

いつものごとく制作はマザース社内で。
今回は、わたし宇田川と飯星が担当しました。

生クリームみたいな雪を作るべく、素材探しからスタート。
超軽量タイプの樹脂粘度で雪を形成したり、
画用紙で屋根、煙突、雪の結晶やトナカイやソリも作りました。
細かい作業が得意の飯星が作った屋根や雪の結晶は、なかなかのクオリティです。

そして、今回の主役、サンタさんに抜擢されたのは遠藤君。

背格好、白い肌、そして優しい瞳・・・まさに、サンタさんにうってつけ。
撮影した結果、ほとんどひげで隠れてるじゃないかとか言わないでください。
このひげの隙間からチラっとのぞく瞳こそ、遠藤ならではのサンタさん感ですから。

撮影は社内の会議室にて、グリーン背景でコマ撮り。
当日なかなかに忙しいところを合間を縫って出演してくれた遠藤。
以前一緒にやったコマ撮り撮影(動物の赤ちゃんミニアルバムのオープニング映像)の経験が見事に生かされ、
スムーズに動いてくれました。
例えば、一回転するのにしても自分で勝手に「8回で回る」と決めて、
「1/8・・・次、2/8・・・」と、ぶつぶつ言いながら角度設定してくれてました。さすが!

そんなこんなで無事撮影も終わり、
直後、サンタの衣装のまま仕事モードへ・・。

santa001
santa002

哀愁漂う後ろ姿。
真面目な男、遠藤です。
忙しいところほんとうに頑張ってくれました!

そして今回は、BOOKのベテラン田村さん、そして若手のホープ村木くんにも手伝ってもらいました。
田村さん私物のシフトレンズというミニチュアライクに撮れるレンズを借りて撮影。
撮影後のマスク切りや、小粋な技を村木くんにお願いしました。
結果、身内だけで作ったもののなかなかのクオリティに!
自分で言うのもなんですが、素敵なものに仕上がったんじゃないでしょうか。
映像のバリエーションは3パターンありますので、是非何度も更新してチェックしてみてください。

準備も後処理も、なかなか大変でしたが、
それでもやはり、コマ撮りは楽しいと改めて思うのでした。

クリスマスまでの限定トップページなので、
それまでじっくりお楽しみください!