マザース三日坊主

リアルアメリカ

個人的なことですが、こないだふと気づいた事がありまして
今年2014年、自分が留学のため米国へ渡った年から10年がたっていました。
自分をとりまく世界が変わった2004年から、10年たったのかと思うと感慨深いものです。

余談ですが、私が留学していた場所はニューヨークやLAのような大都会ではなく
小さな小さな地方都市でした。
寂れた、というと現在住んでいる人に失礼なので言いません。

町並み

車で5分程走ると地平線に出会えます。

地平線

東京に帰るのに1日かかります。
日本食はほとんど手に入りません。
休みに入ると学生がみんな実家に戻るためゴーストタウンになります。

こういう街はリアルアメリカと呼ばれるそうです。
アメリカ映画で仕入れたアメリカンライフ☆への幻想は早い段階で打ち砕かれました。
とはいえ、最終的には良き友人、良き文化、に出会えた素晴らしい経験でした。

そして現在、自分の語学力をどこまでキープできているのだろう?と思い、
先日、英語の試験を受けてみました。

結果、10年前にアメリカの大学に入学するためにとった英語試験の点数とほぼ同じ。
卒業したのに入学レベルに戻っていました。

とはいえ自分も気づいていました。
アメリカにいっても、カンペがないと、英語がしゃべれない自分に。

学生時代、英語が一番苦手でした。
それが一応、特技になった。にもかかわらず、失われていっている。

このままではいけない、と思い、また英語を勉強する事にしました。
いつか仕事で使える事を夢見て。

最後は年末にいったセドナと
一昨年いったモニュメントバレーの写真でさよならします。
セドナ
モニュメントバレー
こういった観光地も近くにないのが、リアルアメリカです。
それはそれで、何もないことが、面白かったりもしますが。

イベント部活動報告・新社長就任パーティー!

少し前の話になってしまいますが、
先月、マザースに新社長が誕生しました。
風間さんです。

新社長。
01_kazama

マザース創立33(32?)年目にして初の社長交代劇だったので、
社内で社長就任パーティーを開きました。
02_20140806_190102

会場はいつものA会議室ですが、
めったにないことなので飾りつけもにぎにぎしく。

幹事の菅原から「シックでおしゃれに」という指示を受け、
私が飾りつけを用意したのですが、購入したのは万国旗。
怒られました。
03_20140806_200029

あわててバルーンを買い足し華やかさをアップ。
ガーランドもなるべくシックな色みのものを選びましたが、
果たしてこれを「シックでおしゃれ」と言えるのかはよく分かりません。
04_baroon

さらに、風間さんは「和」のイメージ(諸星調べ)ということで、
とりあえず用意した「和紙」。
思いつきでちぎり絵にチャレンジしたところ、想像以上に大変でした。
開始時間ぎりぎりまでかかったため、お皿を並べていた鳥羽さんに
「じゃま」と怒られる場面も…。

橋本夏、代田、諸星、ちぎり役前島さんによる力作です。
作っているときは「失敗」の2文字が頭をよぎりましたが、
こうして見ると淡い色彩の中にもわびさびがあって
なかなかの出来ではないでしょうか。
どうでしょうか。そうでもないですか。
05_image03

おいしいものも用意して、
06_20140806_184438

かんぱーい!
07_panorama
スマホカメラのパノラマ機能をこんなに活かした例がかつてあったでしょうか?

あとは食べる。
08_image01

食べる。
09_image02

しゃべる。

10_20140806_200119

一応あいさつ!
11_20140806_195959

花束贈呈!
12_20140806_201828

13_20140806_201846

そんなわけでマザースは新体制で始動しています!

ちなみに前社長・郡家さんは会長として社内を日々練り歩く予定とのこと。
写真では好々爺みたいに見えますが、まだまだ現役続行です。
14_20140806_200347

そして上の写真、背景の飾りつけにも再度注目!
時計のまわりにも金のモールが…。代田くんの細かい仕事が光りますね。

最後はスウィーツで。
15_image08

次回イベントは、
「秋の芋煮会~仙台と山形の芋煮の違いとは~」
あるいは
「新潟vs.山形!どちらがうまい?新米対決!!」
のいずれかになる予定です。
山形への依存度が高いですね。
遠藤くん、よろしくお願いします。

イベント部・諸星

「東京の温泉」

夏の暑さもひと段落して、最近すごしやすくなりましたね。
このままあっという間に秋に突入なんでしょうか。

今年は夏らしいことがあんまりできなかったので、
子供と思い出作りにどこか行きたいなーと思い、「温泉」に行ってきました。
急に思い立ったので、伊豆とか箱根に行くわけにもいかなくて、
日帰りでいける東京の温泉です。

私も子供も温泉が大好き。
奥さんの実家が熊本なので、行ったら毎日温泉に出かけられてほんと嬉しいし、
仕事で地方ロケがあった日には、周辺の温泉チェックは欠かせません。
家でもお風呂に温泉のもとを入れて行った気分になるのはもちろん、
おうちの中を「おっきい温泉」とイメージしての「温泉ごっこ」なんかもやってます。

東京だと、昔は、麻布十番にも温泉ありましたね。
真っ黒なお湯で、しかもあっつ熱。
会社が麻布十番にあった頃は、徹夜明けの気晴らしに行ったり、
2階には昔ながらの大広間があって、スタッフで打上げしたこともありました。
今はすっかり駐車場になってしまいましたねー。

今回は前から気になっていた、
板橋にある「前野原温泉さやの湯処」に行ってきました。
都営三田線の「志村坂上」から徒歩8分。東上線の「ときわ台」からバスでもOK。

ここには源泉かけ流しの露天風呂があります。ちょっと濁ったうぐいす色の温泉。
あと黄色い温泉もあって、ちょっと珍しかったです。
ナトリウム多めのしょっぱめのお湯です
他にも壺湯とか寝湯とか、わりとたくさんあって、
お風呂に入りたがりの子供は3分くらいで「次いこう!」とすぐ言います。
なので2回転くらいしてきました。気持ちよかったです。
風呂上りにはやっぱり牛乳。コーヒー牛乳もいいですが、純牛乳が一番。
そのあと食事処でビールとかき氷を頂きました。
この食事処がまた感じが良くて、古民家的な和室空間で、お庭を見ながらゆっくりのんびりできます。
遠くの温泉もいいですが、近場の温泉もまた子供連れていきたいです

濱野