マザース三日坊主

料理教室

先日、「アワビの酒蒸し」を作りました。
食べました、ではありません。作りました、なのです。
アワビを洗って、表面の黒いところをたわしでこすって、
塩であらって…
大根と一緒のだしで酒蒸して…
ギザギザを入れながら、それっぽく包丁をいれて、
元のからに盛り付けます。
自分で作るにはかなり豪華かつ贅沢な一品です。
もちろん、家で一人で作った訳はなく、
3年ほど前から、参加させてもらっている料理教室での一品なのですが…
平均年齢割と高めで、男性比率も高く、
クリエイティブなお仕事をされている(人生の?)先輩の方々が企画した会で、
とある和食屋さんの大将が教えてくださります。
料理は好きでしたが自己流で魚をおろしたりも全くできませんでしたが、
今では鯖なんかも下手ながらもおろせるようになりました。
普段は頑張れば家でもできる、
でも家で作れたらちょっと「おおっ!」って
言ってもらえそうなメニューを教えてもらうのですが、
時々、だれかのリクエストで、
鱧をさばく、とか
鮑の酒蒸し、とか
からすみとか、ならってもなかなか家では作れない(作らない?)
メニューも登場します。
えーっ、とか思いながらも
なかなか楽しく、めったにできない経験をさせてもらっています。
見慣れているようなメニューも、
ちょっとだけ手間をかけてだしを取ると、
最後にできるものが断然おいしくなるとか、
いつもお店で食べているものにはこんなに手間がかかっているのだ、とか
そんなことも発見できるのもなかなか面白いです。
おいしいお店をさがして、おいしいものを食べるのも
とても楽しく大好きですが、
時々習ったものを自分で作って食べるのもとても楽しいです。
もし習い事を探している方がいれば、
料理教室、とてもおすすめです!
awabimiya0628.jpg

ウェールズに勝利!

先日の6/15、ラグビー日本代表がウェールズ代表に勝利しました。
翌日のスポーツ新聞では各社デカデカと掲載されていました。
ウェールズは世界ランキング5位のチームです。
サッカーで言うと(今調べると)5位はオランダです。
日本がオランダにサッカーで勝つってすごいことですよね?
さらに言うと、ラグビーはサッカーほど番狂わせはおきない、つまり実力通りに勝敗が決する傾向があるので、ウェールズに勝つということは、ものすごいことです。
実際、1週間前に花園ラグビー場で行われた試合も4点差の僅差で敗れています。
これは実力的にも拮抗しているのを示しています。
普通、気の緩み等でそういう結果になることもあり、2戦目は実力通りの大差な結果になることが多いですが、その2戦目で、ウェールズがガチで挑んでくる中で、日本は勝利したわけです。
ただ残念なことは、今回来日したウェールズのメンバーは2軍クラスだということです。
同時期にブリティッシュ・ライオンズのオーストラリア遠征が重なって、ヨーロッパ王者(シックスネーションズ2連覇)のウェールズからは15人がそっちに借り出され、今回は若いメンバー主体に構成されていました。
ラグビーが1チーム15人ということを考えれば2軍クラスということです。
ブリティッシュ・ライオンズというのは、英国4協会(イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ)の選抜チームのことです。でも、そうは言っても、ウェールズはウェールズ、若いメンバーだとしてもレベルも高いし、ウェールズ代表であることに変わりはありません。
この勝利は日本ラグビー界において歴史に残る勝利だと思います。
これを導いたのはエディ・ジョーンズ。さすがです。
彼の話をするとさらに長くなるので、各自調べてもらえればと思いますが、コーチの中では世界でもトップクラスです。
彼は日本が強くなることは当然ですが、強くなり続けられるようにと、いろいろと考えてやっているようなので、ほんとにエディ様様です。
皆さん、これを機にラグビーを観てみませんか?

純氷まつり

ようやく梅雨っぽい気候になってきましたが、
あっという間に、じりじりした夏がやってくるんでしょうね。
そんな夏を先取りするかのように、上野公園で開かれてた
「2013TOKYO純氷まつり」に子供を連れて行ってきました。
純氷って、ちょっと心ときめく言葉なんですが、それは何かというと、
水道水をろ過して不純物を取り除き、
その原水を-8~-10℃ほどの低温で48~72時間かけて、
エアーで攪拌しながら(→純粋な水の分子が形成される)ゆっくり凍らせます。
そうすることで限りなく透明で、固く溶けにくい、かつ雑味のない氷ができあがります。
それが純氷。
冷蔵庫の製氷機で作った氷とはわけが違うぞと。
そんな純氷を楽しもうというイベントです。
上野の噴水広場の前の会場は、涼を求めた大勢の人で賑わってました。
氷の彫刻コンテスト、滑り台もある純氷雪広場なんかもありましたが、
まず何と言っても、純氷でできたビールジョッキ!
おお、透明!
jun07+.jpg
これで飲むビール!ひやひやで、そりゃ最高です。
それからお久しぶりの、手回しのかき氷です!
子供にとっては生まれて初めて作るかき氷になりました。
きゃっきゃっと手を伸ばしてぐるぐると。
jun05+.jpg
楽しすぎて山盛りになりました。
いちご&レモン&ブルーハワイ&ピーチ&マンゴーのできあがり。
自分の顔ほどもある氷の山に食らいついてました。
jun06+.jpg
jun04.jpg
お祭りってわくわくしますね。
金魚すくいとか、射的とか、宝釣りとか、やっぱり覚えてますからね。
今年は子供といっぱいでかけたいと思ってます。
そんな私が次に楽しみにしてるお祭りは、
6/29(土)、30(日)2day開催の「郡上踊りin青山」です!
郡上踊りとは、岐阜・郡上八幡の伝統的な盆踊りですが、
なんと東京でも踊れるとのこと!
朝までエンドレスで踊り続ける徹夜踊りとしても有名で、
私もかつて何度か郡上八幡まで踊りに行ったことがあります。
「かわさき」「春駒」(踊りの名前です)、、あぁ、たのしみ。
誰でも参加できちゃう、親しみやすい踊りです。
さすがに東京では徹夜ではないそうです。
郡上八幡で買った下駄をはいていきます!

酒と、、、。

早く帰れたとある日の夕方、近所の酒屋さんでわりといい日本酒が安く売っていました。
当然一升瓶で買い求め、上機嫌で歩いていた所、仕事のケータイが鳴りました。
そこらにとめてあった、どなたかの自転車の荷台に一升瓶をとりあえず置き、片手で握りしめながら苦み走った顔で電話に対応する私。
(何の話か忘れましたが、わりと難しい話だったのかもしれません)
その様子をどうやら仕事先の代理店の方に見られていたようです。
その後、私はすっかり一升瓶が似合う女ということになってしまいました。
(ま、その事だけが理由ではないでしょうが。いつもご迷惑かけている皆さん、ホントーにすみません。。)
そんな、こよなく酒を愛する私にぴったりなPVがあります。
http://www.youtube.com/watch?v=ohD_iQJOp5o
酒がテーマの大人ムーディな曲にのせて、酔っぱらいの動物どもの酒呑みの悲哀たっぷりビデオです。
よろしければ、見て、聞いて下さい。
って、宣伝でした!!!

ちょっとしたこと

何て事はないんだけど、落ち着くお店や素敵な旅館って、よーく見てみると、人の視
線や声が気にならない工夫や、居心地の良くなるような工夫が、さりげなく、至る所
で、なされていますよね。
分野は違えど、その心構えから、実際の見せ方まで、私が参考にすべき所は、たくさ
んあるのでは、と思いました。
日々勉強しないとですね。苦笑。