マザース三日坊主

埴沙萠

昨日の朝、なんとはなしにテレビをつけたら、NHKで「足元の小宇宙」という番組をやっていた。
埴沙萠。
はにしゃぼう、と読むのだそうだ。
82歳の植物写真家。
全然知らない。
ぼんやり見ていると、このじいさんが面白い。
番組では撮影風景を淡々と追いかけているだけなのだが、思わず笑ってしまう。
写真家というより、草撮りじいさん。
撮り方をいろいろと見せる中で、「キノコの胞子を撮るのは簡単。スーパーでシイタケを買ってきて、後ろからライトを当てればすぐ撮れる」とにこにこしながら喋り、胞子がシイタケからゆっくり飛び離れていく映像が出てきた。
美しい。
http://www.youtube.com/watch?v=9yGvZuXmSgc
自分でも撮ってみたくなり、シイタケを買いに行き、日が落ちるのを待って部屋でカメラを構えた。
IMG_8415.jpg
全然飛ばない。
しかも美しくない。
ピントも甘い。
やっぱり写真家だなあ、しゃぼう先生。
Youtubeのコメントには、
「市販されていたシイタケで。コンビニで、ビニールの袋に入れて売っていたシイタケに、¬おでんの串をさして植木鉢に突っ立てて撮影しました。袋から出したシイタケに水をかけ¬¬、元気になるのを待って、撮影しました。このように、胞子が出ているときのシイタケ¬が、おいしいのだと思います」
とあった。
そうか水をかけるのか。
もういちどやってみることにする。
さて、きれいに撮れるだろうか。
乞うご期待。

キノコスタジオにて。

4月ははじまりの季節です。

30代って楽しいよね、とちょっと上から目線で言えるようになってきました。
しかし、新しい世界を見たり、新しい感覚を掴んだりすることは少なくなり、自分自身とそのまわりの世界の範囲をなんとなく決めて、そこを居心地のいい場所にすることの方を優先しているような気がしています。
元来、新しいことに自ら挑戦することも、新しい交友関係を築くことも苦手ですが、いつもと違うなにかがあるかもしれないという多少の期待を胸に、先日小学校の同窓会に参加してきました。
わたしの母校は典型的な地方都市の小学校ですが、学年で1クラスしかなく6年間ずーっと同じ顔ぶれでした。多くはしばらくぶりの再会ですが、おそらく仲がいい方なのだと思います。
交わされる会話の多くは、こんなやりとりです。
この前、イオンでお姉ちゃんに会った!(親兄弟、実家の場所まで知っている)
○○の娘もうちの息子も、▽▽幼稚園だね!(親子で同じ幼稚園に通い、同じ先生に教わっている)
この前実家をリフォームしたら、□□のお父さんと××(別の同級生)が来たよ!(友達の実家に就職している)
△△って、いっつも北斗の拳のマネしてたよね。(1クラスのため、かなりの思い出を共有している)
一見くだらない世間話や昔話も、同窓会においては、結構な時間盛り上がるものです。
そんななか、自分の近況を発表しようということになりました。
「専業主婦をしていて、子供が2人います」とか「○○銀行に勤めていて、もうすぐ実家の近くに引っ越そうと思います」などと続くなかで、わたしが一番なかよくしていて、この同窓会の幹事のひとりであるNちゃんが最後に挨拶をしました。
「わたしはまだ独身です(笑)。ちょうどきょうで派遣の仕事が終わり、実家とは別に近くにアパートを借りて、今まであたためてきていた、料理教室やケーキの販売などを始めることにしました!(と、宣伝用のハガキを配る)」
その瞬間、みんなの目が、キラキラし始めました。
これがまた素敵なのです。見晴らしのよい古いアパートと、添加物を一切使わない、カラフルなケーキやクッキー。まだまだこれからだけど、なにかを掴みそうなNちゃん。
その後、ちゃっかりケーキの受注をしていたNちゃん、いいスタートが切れたのではないかと思います。
物心つく前からお互い知っているけど、ちょっと離れ離れになっている間に、地元に帰ってきてわりと落ち着いてきているみんなに新しい風が吹いた気がしました。
誰が見ても、あの同窓会では最も輝いていたNちゃんですが、やはりそれでも、彼女が一番したいのは結婚らしいです。
おそらく、小学校のときにはそれほど変わらない場所に立っていたであろう、わたしたち。
とは言っても、みんなそれなりに人生いろいろでした。
自分を久方ぶりに違う角度から見れた気もします。
過去を振り返ったり、昔の友人に会ったりするのもなかなかいいものです。

4/1は何の日?

毎年4/1に付いて「何の日かな?」て考えると、普通は企業の新年度の初日、学生も新年度(春休み中ですが)で「気分を新たに何か始めよう!」てなるのでしょうが、もう一つ毎年恒例のエイプリルフールで「今年は何のウソをつこうかな?」て考えてる人も多いはずです。
僕はあまり世間を騒がせる様なウソはいけないと思いますが、すぐにウソだと気付く様なカワイイものや、身内ネタだといいのかな?と思ったりします。
逆に毎日がウソで塗り固めている人や詐欺師の人は「4/1だけは本当の事を言う」と、したら面白いのですが…。
でもどれがウソでどれが本当か全く解らないから意味がないのかも(W)。
マザースも風間さんは「実は3人の子持ちで、奥さんの言う事に逆らえない」、
屋代は実は女性で「男に見せる為にもっと太る努力をしている」、
菅原は実は結婚していて「旦那はカールルイスなんだけど、もしバレルとTVレポー
ターがウルサイので秘密にしている」、
等の真実は、「4/1に言ったら、皆ウソだと思って誤魔化せるのに何で言わないんだ…。」て思っていました。
まー、毎年「4/1はエイプリルフールだからウソOK」て思うのもつまらないので、今年から「エイプリルフールは4/2になりました」て4/1に言いましょう!
皆さん宜しく御願いします。