マザース三日坊主

最近の趣味→お肉レポート

約1年半ぶりに三日坊主書きます北野です。
このブログを書かなかった約1年半の間に自分の中ではやっているのが、走ることです。
健康のためにくらいの理由でなんとなく走り始めて2年くらいになるのですが、ここ1年くらいはわりとまじめに走っています。なかでもトレイルランというのが好きで、大会にもでてみたりしています。
で、トレイルランとは何ぞやみたいなことを書こうかと思って、ここまで書きすすめて、何か写真でもないかなと思って写真探してたら、ひとつ忘れてたことを思い出しました。6月に社員旅行のクイズ大会で松阪牛の引き換え券をいただきまして、それを食べたらこのブログに載せることになってたことに。それ用に一応写真も撮っていたので、遅きに失した感は否めないですが報告を兼ねて写真掲載します。
こんなパネルと目録をいただきました。
niku.jpg
・松阪牛モモステーキ100g×3枚
・切り落とし500g5人前
・松阪牛モモ肉ダイヤモンドカット100g&サイコロステーキ400g
の中から選べるとのことで、量の多い切り落とし500gにしました。
注文して1週間ほどで届きました(おそらく)。
届いて早速いただきました(2012年10月21日に)。
こんな箱に入ってました。
2012-10-21 19.01.56.JPG
開けてみました。
2012-10-21 19.03.34.JPG
霜降りのステキなお肉です。
2012-10-21 19.05.13.JPG
喜んでおります。(長女)
2012-10-21 19.23.46.JPG
すき焼きにしました。
2012-10-21 19.16.49.JPG
少しこげました。
2012-10-21 19.22.15.JPG
食べたらとろけました。(長男)
2012-10-21 20.00.14.JPG
うますぎて白目むいております。(長女)
2012-10-21 19.26.26.JPG
おいしくいただきました。(長女、次女)
2012-10-21 19.24.54.JPG
ほんとにおいしかったです。
さすが松阪牛はちがう!お肉さいこー!
以上、肉レポートでした。
次回は、トレイルランの魅力についてのよていです。
(まだ続けていたらですが)

SNSの使用例

Facebookやlineなどソーシャルの分野で、企業が独自のコミュニティを作り、顧客を囲い込むのが、徐々に広がっておりますが、AKB48でも違ったアプローチでソーシャルメディアを介したコミュニティを作っています。
NOTTVで平日の夕方から生放送している、「AKB48のあんた誰?」という自虐ともとれる番組がありまして、
「ファンの間では有名でも、
一般の方にはほとんど知られていないメンバーにスポットをあてる」
という趣旨の番組です。
NOTTVというのは、加入者50万人規模の、スマートフォン(対応機種のみ)でしか試聴出来ないので、よほどのファンしか見ていないと思われますが、この条件を逆手にとって、Google+で番組プロデューサーが、出演するメンバーを告知して企画を募ったり、番組が終わってから感想を書き込んでもらったりして、スタッフより詳しいであろうファンに、メンバーの良さを引き出して貰おうという狙いで、その機能を活かした番組作りをしています。
同日の深夜にも再放送をしており、夕方には見られない層のケアも忘れていません。
もちろん、再放送の視聴者に対しても、感想や翌日の放送に向けた企画を募り、番組がマニアックになりすぎないようコントロールされている所に好感が持てます。
ちなみにYouTubeでも、AKB公式アカウントに1日分だけアップされていますので、Google+を見ながらどうぞ。

絹さやなんてどうでもよかった。

近所に有機野菜のお店ができました。
普段、料理をするわけではないですが、30代になり前島Pと同じように、野菜を意識して食べるようにはなりました。
(あっ、マザースのみなさん、たまにある、私がお昼にコンビニのコッペパンとアメリカンドッグを食べているときは、なにかやけくそになっているときです。)
家の近くのスーパーは野菜が高く、その有機野菜のお店は割とお手頃で美味しいのと、日もちも良いので、そこで野菜を買うようになりました。
何度か通い、お店の女性オーナーとも仲良くなり、おまけもしてくれるようになりました。
ある日の夜、20時過ぎにもうお店は閉まってると思いつつ行ったら、案の定シャッターはしまっていましたが、シャッターの前に野菜が入った大きな箱が置いてありました。
もしかしたら、売れ残った傷んだ野菜を無人で販売していて、100円を入れる箱とかがあるのかもしれない!と田舎出身の私は思い、野菜を手にしながら100円BOXを探していました。
すると、坂の上からブブーーッ!!ブブーーーーっ!!と車のクラクションがなり、私に向かって鳴らしていたのは、お店のオーナーでした。
すごい鬼の形相だったので、私はちがうちがう!!とパックに入った絹さやを片手にアクション。
軽トラックから出てきたオーナーは、「それは、これからお客様にお届けする野菜です!」と完全に私を盗人扱い。
ここで100円BOXが仙台の私の地元にはあって、野菜を無人で、、って説明をしても、無理だなと冷静に思ったまでは良いとして「前にお店来たことあります!何時までですか?また来ます!」と言いたいこと、聞きたいことなど混ざってトンチンカンな返しをしました。
無人販売のシステムが自由が丘にもあるかもと思ってしまった、自分の感覚がまず大間違いなのですが、今までちゃんと買ってたんだから、そんな明らかに疑わなくてもいいのになーと、反省はせず、悲しく家に向かいました。
すると、しばらくしてまた、ブブーーー!!。振り向くとまたオーナーがムキになってクラクション。
何よ何よ、警察沙汰なんかにしても負けないよ、取ってないんだから!と立ち止まりました。
出てきたオーナー、開口一番「返してちょうだい。」
え?と思った私の手にはパックの絹さや。びっくりして、トンチンカンなことを言ってそのまま持ってきてしまった。間抜けな自業自得のせいで、お気に入りだった、お店にはまだ行けていません。

バート・バカラック

昨秋、バート・バカラックが来日しました。
84歳。
4年前にも来日、もう最後だろうと失礼ながら思っていたので、嬉しかったです。
バンドメンバーは前回とだいたい一緒で、オーケストラがシンセサイザーになり、コンパクトなバンドでした。
最後に「アルフィー」をピアノ弾き語りで歌いました。
ハル・デイビッドの歌詞がすばらしい、大好きな歌です。
いつも最後に歌うようなので、ご本人も好きな歌なんでしょう。
で、歌うんですが、声が出ない。
4年前も、だいぶ声が出なかったんですが、今年は全く歌えてないのです。
84歳ですから、そりゃあそうです。
でも、いい。
すごくいいのです。
会場も水を打ったように静かで、みんな真剣に聴いている様子がわかります。
かつてのように歌えないのですが、手を抜かないのです。
懸命に、昔のまま歌おうとする。
高音なんか出っこないのに、歌おうとしている。
おれは歌うんだ!という気持ちがとてもよくわかる。
歌おうとしているものが大きい、というのでしょうか。
歌えていない歌が聴こえる。
すごいじいさんだなーと感動しました。
家に帰って、ディオンヌ・ワーウィックのアルフィーを聴いてみました。
彼女も御歳なのですが、テクニックで歌い方を変えたり、メロディーを変えたりして、今の自分が歌える最高の歌を聴かせます。
上手なのですが、小さくて、面白くない。
見えないものを見せる。
バカラックは大きかったです。
ぜひまた来日して、年寄りの技を見せて頂きたいものです。
http://www.youtube.com/watch?v=GgH5LjGCkj8