マザース三日坊主

フライング師走

みなさんこんにちは
ADのしろたです。
気がつけばすっかり冬ですね。
そしてまだ11月なのに個人的にはすっかり師走な気分ですが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
さてさて 今日は、
外寒いし、できればずっとこたつでゴロゴロしていたいけど、忙しいし、
心すさんじゃうし、その割に夜中に無駄にyoutubeとか見てしまう、
そんなあなたにおすすめの癒し動画をご紹介!



なんとなくアンバランスで奇怪なシルエット。どうやら頭の部分だけ毛を残して、
胴体は柴犬のように短くカッティングされたポメラニアンらしい。
が、そういった見た目も彼の魅力ではありますが何より重要なのは、
彼のしぐさやたたずまいなのです。
ぬいぐるみか玩具かのような、もはや犬という存在を逸脱した雑な動きは、
何度見ても飽きません。
あーこんなのが家にいたらどんなに幸せだろう。
といった感じに、妄想にふけっていると少しは忙しさから解き放たれて、
心がほっこりしてきませんか?
といっても、時間を忘れて動画ばかり見てると、仕事がたまって、
忙しさに拍車がかかるのでご注意を。
さて、次回の三日坊主は、1年中半袖かに思われたが、
最近ようやく長袖を着るようになった僕の同期の屋代くんです。
みなさんお楽しみに!

久々のマザース写真部

会社が引っ越してから、東京タワーが見えなくなったこともあり、なかなか写真部の出番がありません。
しかしながら、「秋」といえば「写真の秋」でもあるわけで、最近の写真をいくつか掲載しましょう。
いいえ、決して、手抜きではありません。
継続することが力になるのです。
まずは、秋らしい1枚を。といっても、札幌支部からの写真。
先週、札幌のイチョウはもうこんなに色づいていました。
今ごろはもう散りつつあるのでしょう。
DVC00419.JPG
東京タワー?いえいえ、「さっぽろテレビ塔」です。
写真だと大きさが分からないので、意外と東京タワーって言われても分からないですね。
(そんなことない?)
DVC00418.JPG
そして、峠にはもう雪・・・。長い冬のはじまりです。
DVC00421.JPG
ところ変わって、こちらは川崎支部より。
横浜スーパーファクトリーにほど近い、土手から見た夕陽です。
先週、この近辺に撮影のためのあいさつ回りに行く機会があったのですが、訪問先が不在だったため、しばらく夕陽を眺めながら待っていたときのもの。
DVC00431.JPG
分かりますでしょうか?富士山が遠くに見えています。
♪暮れーなずむーまちのー というメロディが浮かんでは消えました。
結局、訪問先の人は暗くなっても戻ってきませんでした。
DVC00436.JPG
来週は、誰かの原稿を掲載する予定です!!

祝・宇田川結婚!

去る11月3日の文化の日、この大安吉日の日に、弊社女性ディレクター・宇田川美紀が結婚式を挙げました。
幸い、お天気にも恵まれ、気持ちのよいさわやかな秋晴れの1日となりました。
ちなみに、11月3日というのは、1年の中でも晴れる確率の高い、「晴れの特異日」と言われる日なのだとか。
おめでとう!
1_udagawa01.JPG
1_udagawa02.JPG
幸せそう!
1_udagawa03.JPG
二次会では、wafflesのライブや宇田川自ら出演のビデオ上映、ラストには新郎が歌う「歌うたいのバラッド」など、イベント盛りだくさんで盛り上がりました。
ビデオには、宇田川のほかに弊社前島Pや野田PMも熱演しており、笑いあり、涙ありの力作でした。
2_udagawa02.JPG
PVを演出した縁で宇田川とは仲のいい、wafflesから音楽の贈り物。
waffles.jpg
ラストは、新郎から新婦へ歌によるメッセージ。
tukki_uta.jpg
いい会でした。
DVC00414.jpg
~おまけ~
二次会後、おめでたい気分のまま、もう1軒行った先のお店にて。
「香港の実業家(屋代)とその取り巻きたち」という設定で写真を撮って楽しむ私たち。
屋代&小川.jpg
メガネズ。「偽物は誰だ!」
メガネズ.JPG
最後の方の写真は全然関係なくなってしまいましたが、おめでたい秋の1日でした。
ALL PHOTO BY BOOK写真部

○○の秋

11月です。
秋本番です。
ここのところの私の秋活動をお伝えします。
「音楽の秋」
昨日、ハナレグミのライブを見に、Zepp東京へ行ってきました。
濱野がスタッフロケハンで行けなくなったというので、チケットを譲り受けたのです。
ハナレグミは、特にフェスなど野外で聞くと抜群なのですが、もちろんライブハウスでも歌声の素晴らしさに変わりはありません。
大盛り上がりで大変楽しかったのですが、個人的には、おおはた雄一さんがBOB DYLANの「Don’t Think Twice, It’s All Right」を訳した「くよくよするなよ」をおおはたさんとハナレグミの2人で演奏したものが「あ、もう、今日これだけでもいいや!」と思えるほどよかったです。
ギターの音色の美しさを再発見しました。
写真は、帰りに「せっかくだから」と(ひとりなのに)寄った夜景スポットにて。
DVC00408.jpg
「食欲の秋」
栗ご飯をつくりました。
栗をむくにあたり、数年間買おうかどうしようか迷い続け、「まず栗を買ってから買おう」と買いそびれてきた「栗くり坊主」をとうとう購入。
DVC00411s.jpg
栗の鬼皮と渋皮が一度にすいすいむける!といううたい文句のこの商品。
私のやり方が悪いのか、鬼皮だけがすいすいむけて行きました・・・。
ただ、確かに、包丁よりも格段に楽ちんです!
自分で作ればお代わりし放題の栗ご飯。
なんという贅沢でしょうか。
おいしかったです。
「マンガの秋」
少女漫画界、いや、日本の漫画史上にさんぜんと輝く不朽の名作、「ガラスの仮面」。
なんと、9月に45巻、10月に46巻と、2か月連続で新刊が発売されました。
男性の中には、少女漫画への苦手意識などで読んでいない方も多いかと思いますが、題名はもちろん、北島マヤと姫川亜弓の名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。
今回の45・46巻では、身もだえしたくなる王道の誤解!すれ違い!(演劇の)ライバルの苦境!(恋の)ライバルの罠!
46巻を読み終えた瞬間、「今すぐ続きを!」と悶絶しました。
しかし、また数年間は音沙汰なしなのでしょう・・・。
最新刊が呼び水となって、週末にまんまと全巻読み返してしまったのですが、マヤのお母さんが死ぬところでは、もう何十回も読んでいるのに、またしても号泣。いや、もはや慟哭と言ってもいい域。
読んだことのない方、ぜひ読むべし!です。