マザース三日坊主

上手(かみて)と下手(しもて)

この仕事を始めて4年目に入りました。
どんな仕事にもあると思いますけど、その世界で広く使われている言葉というか用語があって、
入社したての頃は全く意味が分かりませんでした。
特に、撮影現場に初めて連れて行かれた時は、知らない用語が飛び交っていて、
しかもみんな声がでかい、4月なのにTシャツ短パンだ、朝4時だ、
何か知らないけど怒鳴られた、俺向いてない、帰りたい、となった記憶があります。
それからもう丸3年も経ってしまって、さすがにちょっと慣れてきたんですが、
放送業界用語というか、撮影用語というか、未だに戸惑うことがあります。
例えば、「上手(かみて)・下手(しもて)」。
これはもともと舞台の用語かもしれませんが現場で急に言われると焦ります。
「あのイス、あと1メートルくらい下手(しもて)に!」
となると、画面の左に移動させればいいだけなんですが、これが自分がカメラの前に立って準備
してたりすると、自分から見て下手に移動させちゃったりするんです。
まぁできる人には難なくできる事だとは思うんですが、右と左もたまに間違える僕みたいな人間に
とってはけっこう難易度の高いことです。さらに、
「商品きもカミ!」(商品をきもち上手に移動させて!)
となると、もっと大変ですが、さらに
「商品きもカミ!、あとこっちの商品は半時計まわし!早くしろよコラァ!」
となるとパニックを起こします。
このままではいけない!

ゲートの関さん

私の中でBarといえば、麻布十番の「ゲート」です。
マスターは関さんという渋い男性で、「十番の健さん」と呼ばれています。(心の中で)
みなさん一度行ってみてはいかがでしょうか。
と言いたいところですが、今年5月の連休のはざまにゲートは閉店してしまいました。
茨城の田舎者のこの私が生き馬の目を抜く六本木のCM制作会社に就職し早20年。
今ではすっかり都会になじみ、お酒も多少たしなむようになりました。
どちらかと言うと家で自問自答しながら飲むのが好きですが、一度30歳を過ぎた頃に
女ひとりでBarで飲むということをしてみたくて、どこに行こうかと考えた時、
真っ先に思いついたのがゲートでした。関さんは想像以上にあたたかく迎え入れてくれ、
お腹はすいてないのか、とかいつもはしない世間話を饒舌にしたりして、かなり気を遣って
くれていました。その夜の私のテーマ「都会の孤独」「女ひとり飲み」みたいなことは、
結局実現できず、それ以来似合わないことはやめました。
関さんはよくチッと舌打ちをします。追加のお酒をオーダーしても舌打ち、カクテルが美味しい
と誉めても舌打ち、私がおつまみのさきいかを全部たいらげてしまうと、舌打ちしながら
山盛りのさきいかを入れてくれます。なんで舌打ちなんでしょうかね。
今年の春(ついこのあいだ)ゲート閉店のお知らせはがきが会社に届きました。
あまりのショックに結局閉店することを知ってから、閉店当日までとうとう顔を出せま
せんでした。(ってちょっとおおげさですが)
関さん、今頃なにしてますか?前島です、たいへんお世話になりました。
またゲートやってくれないですかね。
(って読まないですよね、このブログ)

U20世界ラグビー選手権

サッカー日本代表のW杯出場が決まりましたね。
実はラグビーにもW杯があり、U20のW杯も昨年、第1回がウェールズで開催されました。
※U20とは、20歳以下の選手という意味です。
今年が2回目、それが今まさに、日本各地で開催中です!!!(東京・大阪・愛知・福岡)
僕はスポーツ全般好きで、野球・サッカー・ラグビー・総合格闘技などを主に
よく観戦に行くのですが、最近は日本ラグビーが盛り下がってる感が否めないので
何とか盛り上がらないかと思って、ここにアップしてみました。
日本ラグビー協会は2015年・2019年W杯の日本開催招致活動中です。
7月28日に開催地が決定しますが、特に2015年開催が実現すれば、
2016年の東京オリンピック招致活動にも有利になるのではないかと期待してます。
その2015年の中心メンバーになるのが今回U20W杯に出場している選手達です。
そういう気持ちで日本を応援し、世界のラグビーを肌で感じたいと思います。
ということで、9日(水)の日本vsサモア@秩父宮ラグビー場の試合を観てきました。
その前に…イングランドvsスコットランド戦もちょこっと観れました。
matsuyama01.jpg
※上:秩父宮ラグビー場入口 ※左下:スクラム ※右下:ラインアウト
両チームとも体がデカイ!!!なのに動きが速い!!!
これが世界レベルか?!って驚くほどでした。
さすがプロに交じってプレーしていることだけある。
これじゃ日本の学生レベルじゃ勝てないはずだよなあ…。
で、いよいよ我が日本の登場!!!応援にも気合いが入ります!!!
matsuyama02.jpg
※左上:国歌斉唱 ※右上:サモアのハカ(戦闘前の舞) ※下:応援を盛り上げるサポーター
試合は序盤に簡単にトライをとられすぎて劣性が続きます。
が、後半はジャパンもトライをとり返し逆転する勢いが出てきたのですが…、
選手&チームの未熟さからか、もう一歩のところでミスが相次ぎ…、
結局、惜しくも負けてしまいました。
ゴール前ラインアウトからモールを組んでトライをとるという薫田監督のチームらしい
パターンが通用していただけに、本当に惜しい試合でした。
落ち着いてミスを減らせてれば、多分勝ててた試合です。と言っても結果論ですが…。
matsuyama03.jpg
※左上:スクラム ※右上:ラインアウト ※試合終了後のジャパン
トライをとった時の写真が無くて盛り上がりがイマイチ伝わらないですが、その時は声を張り上げ、
立ちあがってガッツポーズしてたので写真を撮るどころではありませんでした。
13日(土)で予選プールが終了。17日(水)と21日(日)に順位決定戦があります。
我が日本は残念ながら4位グループとなり、13-16位決定戦@愛知(瑞穂公園ラグビー場)
にまわりますが、残り2試合とも勝って是非13位を目指して欲しいものです。
名古屋近隣の皆さん、日本代表の応援をお願いします!!!
東京(秩父宮ラグビー場)では17日に準決勝、21日に決勝&3位決定戦が行われます。
皆さんも是非会場に足を運んで観て下さい。
どのスポーツにも言えることですが、レベルの高い試合は観ていて面白いものです。
ラグビーの面白さが分かると思います。
オリンピック、サッカーW杯に次いでラグビーのW杯は観客数や視聴者の多いイベントだ
と言われてます。日本にいるとそう感じませんが、欧州・オセアニアでは盛んな競技です。
この盛り上がりを是非日本で味わいたいものです。
7月28日、W杯日本開催が決まるといいなあ…。

マザース写真部・梅雨

いよいよ、関東も梅雨入りしたそうです。
雨が多いのは憂鬱だったりしますが、梅雨には梅雨のよさもありますよね。
DVC00017.JPG
まあ、ロケを控えていたらこんなこと言えませんが・・・。
それにしても、最近の携帯のカメラはすごい・・・。
とある夜中に、高感度モードで撮ってみました。

あふれる愛

こんにちは。制作2年目の織田です。
今日は、真面目なことを書いてみようと思います。
社会人になって1年2か月ですが、仕事を通して実に色んな方と出会いました。
この方々との出会いが、たまに(いや、割と何度も・・・笑)どうしようもなく心が折れそうになる私を救済してくれます。
先日、ロケハンに行った先で出会った、とあるホテルの営業の方が、たまたま通りかかったからと言って会社にわざわざご挨拶に来て下さいました。
今回は別の場所でやることになったにも関わらずです。
その夜、早速お礼のメールをお送りしたところ、このような返信を頂きました。頂いたメールを少しご紹介したいと思います。
『いつも大変お世話になっております。こちらこそ、ご丁寧なお心のこもったメールを頂戴致しまして誠にありがとうございます。
たまたま六本木に用事があり、営業の習性で道すがらのビルの住居表示を眺めながら歩いていたら、マザースとあって、「ん?」と思い、もしかしてと思いお訪ねした次第です。
織田様が素晴らしい方だったからお訪ねしたわけで、ぜひ自信をもって下さいね。
もし感じ悪いと思っていたら、たとえ前を通りすがろうが、元々場所を知っていようが、訪れることは致しませんよ。
お身体を大切に、楽しいと思う気持ちを忘れずに頑張りましょうね。』
こういったお心使いは、やはり仕事を続けていてよかったと思える瞬間です。
残念ながら、謙遜ではなく私は素晴らしい人間でも何でもない、むしろくだらない人間の部類に属するので、かなり恐縮しました・・・
でも本当に嬉しかったです。
また1年目の時は、ヘアメイクさんから”つけ睫毛”を頂いたことがあります。『アイメイク命!!!!』な私にとって、つけ睫毛は必須アイテムです。ヘアメイクさんが手作りされたそのつけ睫毛は、そこら辺に売っている物とは違いとても愛に溢れていました。因みに、まだ使っていません。使えません。人生で最も輝いているだろうと思われる結婚式で装着したいと思っております。まずその前に、私の人生自体ソロ活動で終わりそうですが・・・。
話はガラリと変わりますが、最近私はある人の影響で休日はもちろんのこと、通勤中も読書に没頭しております。たまに凄く感動する本を読んではうっかり電車で泣いてしまうこともあります。
ジャンルは様々ですがその中で、最近読んだ「マザー・テレサ―あふれる愛」(沖守弘著・講談社文庫)の中の素晴らしい文章を引用させて頂こうと思います。
『親切で慈しみ深くありなさい
あなたに出会った人がだれでも 前よりももっと気持よく 明るくなって帰るようになさい
親切があなたの表情に まなざしに、ほほえみに 温く声をかけることばにあらわれるように
子どもにも貧しい人にも 苦しんでいる孤独な人すべてに いつでもよろこびにあふれた笑顔をむけなさい 世話するだけでなく あなたの心をあたえなさい』
この言葉を読んで、ふと考えました。最近、全く人を思いやる心を失ってしまっているように思います。思うというか、確実に欠如しています。振り返ると、私は日々色んな人に助けられ勉強させてもらっています。
まだまだ失敗して怒られることも、思うようにいかないこともあり、周りの人に迷惑をかけてしまっていることの方が多い気がしますが、謙虚な気持ちを忘れず、一歩ずつでも成長していけたらと思っています。今の私は与えてもらってばかりです。
与えてもらう側からマザー・テレサのように与えられる人間に一日も早くなれるよう、一生懸命頑張ろうと思います。

紫外線は大敵

先日、ロケで1日中外にいる撮影がありました。
狙いは真夏の天気だったのですが、前日までの天気予報はどれも芳しくない予報。
少しでも晴れ間が見えれば良いなーと思っていました。
当日、朝はうっすら雲がかかっていたものの、時間が経つにつれ晴れ間が広がり、
それとともに気温もどんどん上昇し、日射しも強くなっていきました。
嫌な予感はしつつも移動移動の撮影だったのでそんなこともあまり考えず、
結局その日の撮影を終えました。
後々何時間か振りに鏡を見て後悔するのですが、
絶対に日焼け止めは塗っておかないといけませんね。
鼻の頭だけが焼けてしまい、赤鼻になっていました。
また、家に帰らずにそのまま撮影を迎えてしまったため、
前日に着ていた七分丈のシャツのまま撮影に向かったのですが、
そのシャツと腕時計のお陰で左手が変な焼け方をしてしまいました。
まぁ他の人より一足先に夏を感じた様にも見えなくはないです。
そういえば2年くらい前にも梅雨があけたくらいの撮影で、
絶妙な半袖焼けをしてその年の夏着るものに困った記憶があります。
過去の経験が生きていないですね…
来年からは気をつけようと思います(今年はもう焼けてしまったので)。